続けて同じ質問がありましたので
こちらにも書きます。

はっきり言いますと、どちらも良いです。

ではなぜ私がハスクばかりを使っているのかと申しますと
扱いが簡単なことと
特殊な糸を使っても糸切れのストレスが少ないのと
縫いずれがほとんどないことが理由です。

糸切れ等の不具合もソーイングに精通されている方でしたら
ベルニナも問題なく使う事ができるのではないかと思います。

どちらも縫い目はとても綺麗ですし
カッチリと縫えます。
特に角や袖付けエリ縫いなどは
既製品のようにキッチリと縫え
私のような素人が作ったとは思えないような
できばえになります。

職業用ミシンも持っていますが
下布と上布が激しくずれるので
私には綺麗に縫うことは無理と悟っています。

ソーイングの先生やプロの方からみると
なぜ、そんなに縫いずれを起こすのか
不思議に思われるかもしれないのですが
私のミシンテクニックはこの程度です。
そんな私でもしっかり綺麗に縫えるのが
ハスクのミシンです。

中綿入りのベッドカバーを作った時に
ウォーキングフットを使いました。
ハスクでもベルニナでも私が縫うとずれました。
しかし、ハスクのほうがずれ度合いが少なく
糸切れも針折れもなく縫いきることができました。

ソーイングテクニックが無い方はハスクがおすすめです。
反対にソーイングテクニックのある方がハスクを使うと
さらにハイクオリティーになるのではないかと
思っています。

縫いスピードとパワーの質問で
パワーがありますか?!回転数は?!については、

全くわかりません。

趣味で作っているので時間的制約を感じたことがありません。
キッチリ綺麗に縫えるだけで満足しているので
ミシンのパワーを気にしたことがありませんでした。
職業用ミシンで綺麗に縫えない私なので
こんな感じです。

ボタンホールはベルニナが綺麗です。
ボタンホールの為にベルニナを出すのが面倒なので
ハスクで作っていますが
作り慣れてきたせいかハスクでもベルニナのように綺麗に
縫うことができるようになりました。

コンシールファスナー付けはベルニナだと
ファスナーのアイロンがけなしで作るので
一手間はぶけます。
ハスクはしつけ無しでコンシールファスナー付けをしています。
詳しいやり方は説明書に書いてあります。
これがとても便利で綺麗にできるので
物凄くきにいっています(o^-^o)
_______________________

私にわかることを書きました。
どうぞよろしくお願いします!(^^)!

ポーチの刺繍、後少し

ミシン刺繍データ完成

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿