フレーアーフリル、
綺麗にできずやむなく断念!!
仕方がないのでいつものギャザーフリルです~!(^^)!
20151102.jpg
ファーテープをくっつけようか迷い中です~!!
無い方が良いかな~?!
う~~ん、、。

フリルを作る時、
何度も押え金上げボタンを押すのが面倒になったので
ヒザ上げレバーを付けてみました。
20151101.jpg
フットコントローラーに足を乗せたまま使うと
届きにくい感じがするのは足が短いせいなの~?!
足を浮かせて使うとサッと使えるけれど
疲れちゃう~~!!

これってどうやって使うと良い物なのかな?!
またまた悩む~!!

夜になったら
右足が物凄くだるくなっちゃいました!!
明日は筋肉痛かなー\(^o^)/

ミシンの付属品

白黒ウールストレッチで服作り

comment iconコメント ( 5 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-01-12 12:29

★Kさんへ

オォー!!
使われているのですね!!!
やっぱり、慣れですよね~(^^)

意識しないと
手が先に動いてます~!!
ヒザを踏ん張る感じで
毎回変なところに力が入って
ガニ股になってる足を見て
一人笑いしてます~~(^^ゞ

ピポット機能で
普段はなくても大丈夫なのですが
ラフラーを使うときはピポットで上がりきらず
困っていたのと
何より
プロっぽくてかっこ良いので
慣れるよう頑張ります\(^o^)/

名前: はぴたん [Edit] 2015-01-12 18:51

ミシンの乗っているテーブルの高さが、高すぎるのではないでしょうか?
ミシン本体のテーブル面が学習机を選ぶ時のちょうど良い高さになるのが
使いやすくて疲れにくい高さです、
丁度良いと思っている高さのテーブルにミシンを乗せるとミシン本体のテーブル面までの高さ分が高くなってしまいます。
だから、ニーリフター(膝押え上げレバー)の高さが自分の膝に会わないで踵を上げなければならなくなると思います。
ミシンの机を下げられないなら、椅子や足元を上げると言う方法もあります。
昔のボックスタイプのミシンをイメージしてみてください、
ベルニナの専用テーブルは、刺しゅう機を付けるとき以外は、ミシンを沈めてテーブル面とミシンのテーブルを同じ高さにして使います、疲れないし、ニーリフターも自在に使えます。
慣れる以前の問題です、体に合った高さは大切ですので、参考にしてくださいね。

名前: 空欄 [Edit] 2015-01-12 23:33

3番のコメント、私です、名前を入れる前に送信してしまいました。

名前: ふるやま [Edit] 2015-01-12 23:37

★ふるやまさんへ

そうだったのですね!!!!
早速フットコントローラーの下に
厚さ3cmの板を置いて
ミシンを使ってみたら、

ウォォオオオオーー!!!
物凄く快調ですーー!!!
ありがとうございます!!

フットコントローラーが劇的に
踏みやすくなってる上に
ニーリフターに
足が届きましたーー(*^○^*)

今までずっとずっと
不便な高さでミシンを使っていたことに
驚愕です!!!

嬉しいです!!
ありがとうございましたー\(^o^)/

名前: はぴたん [Edit] 2015-01-13 07:28

コメントの投稿